オリバ犬猫病院は犬・猫専門の動物病院です。豊橋市の動物病院なら評判多数のオリバ犬猫病院へ

お気軽にお問い合わせください!

TEL 0532-47-7880

大切な家族と
ずっと一緒に
いたいから。

オリバ犬猫病院は犬・猫専門の動物病院です。豊橋市の動物病院なら評判多数のオリバ犬猫病院へ

皮膚科

こんな症状はありませんか?

  • 皮膚をかゆがる
  • 皮膚が赤い
  • フケが多い
  • 脱毛がある

上記の症状に心当たりがある場合は
皮膚科の疾患にかかっている可能性がございます。

皮膚系の病気について

よくある病気として、膿皮症(のうひしょう)やアトピー性皮膚炎があります

  • 膿皮症の原因は「ブドウ球菌」という皮膚の常在菌が異常繁殖し、表皮や毛包に感染を引き起こす事です。
    その他にも皮膚バリアの低下、内分泌疾患(ホルモンの病気)、脂漏、角化異常など様々な原因があります。
    高温多湿の時期に細菌が繁殖しやすくなり、見た目はフケを伴う円形の脱毛が一番の特徴です。他にもかゆみや、皮膚の赤み、発疹などもよくみられます。 治療は「細菌感染」が原因のため、抗生剤の投与や薬用のシャンプーが必要となります。
    難治性の膿皮症に対しては細菌の種類を特定し、どの抗生剤が適切かを調べる「薬剤感受性試験」を行ったり、皮膚以外の原因(内分泌疾患など)がある場合は、合わせて検査と治療を行っていきます。

  • アトピー性皮膚炎とは、さまざまなアレルギーと皮膚バリアー障害によって引き起こされる皮膚炎の事です。
    「アレルギーを獲得しやすい」+「乾燥肌」などの皮膚バリアー障害が原因となるため、基本的には体質の問題となり完治が難しい皮膚病です。そのため、生涯にわたって上手く付き合わなければなりません。
    アトピー性皮膚炎の原因は複合的なもので「アレルギー検査をしたのによくならない」という場合は、他の原因も考慮して治療する必要があります。
    アレルギー検査はもちろん、その他にも皮膚のバリアー機能の改善、かゆみのコントロールが絶対に必要です。
    原因の特定をせず、皮膚のケアもなしにステロイドばかり処方されている場合は危険です!
    完治が難しい病気ですが、しっかりと治療する事で副作用を最低限に抑え、かゆみと上手く付き合う事で、愛犬・愛猫のストレス軽減にもつながっていきます。

  • 皮膚や毛の異常はそこだけが原因でない事も多くあります。家での状態を教えていただき、身体検査の後に内分泌疾患(ホルモン病)や腫瘍などが疑われる場合は血液検査、レントゲン検査などを行い、原因を特定して治療開始となります。

当院の皮膚疾患の治療

  • 内科療法・・・
    皮膚や毛の異常の原因・症状に合わせた投薬治療となります。
    短期間で良くなるものもあれば、長期にわたって投薬が必要となる事もあります。
    基本的にはご自宅での内服薬となりますが、薬が飲めない等、場合によっては注射での対応もいたします。

  • その他の治療法・・・
    当院では投薬ばかりでなく、シャンプー療法もしっかりと指導いたします。
    皮膚の状態をみて、適応のシャンプーをご提案します。皮膚の状態が改善したら終わりではなく、再発しないように良い皮膚の状態をどのように維持していくかも重要です。

当院の治療の流れ

当院では治療前にしっかりと問診と身体検査を行い、飼い主様の不安と疑問が解消できてからの治療となります。
少しでも不安や疑問がある場合は何でも聞いて下さい。解決できるまで何度でも説明します!

  • STEP01
    初めての来院時
    まずはしっかり問診と一般身体検査を行い、皮膚や毛の状態を把握します。
    皮膚だけの問題でない場合は追加検査も提案いたします。
  • STEP02
    治療の開始
    検査結果に基づき治療が開始となります。
    複合的な問題が原因の場合は様々なアプローチが必要となる事もありますが、まずはご自宅で可能な範囲での最善の治療をご提案させていただきます。
  • STEP03
    治療の評価
    治療を開始してすぐに改善がみられても、継続治療が必要な事もあります。
    改善がない場合は再度、皮膚の状態を評価し治療方法を変更する事もあります。
    元来すぐに治療の効果が出にくい疾患は、継続治療で経過観察となります。
  • STEP04
    アフターケア
    皮膚の状態が改善されて終了ではなく、今後のケアが再発を予防します。
    再発したとしてもひどくなる前に対処する事で、治療期間の短縮と愛犬・愛猫のストレスの軽減につながります。

アクセス